業界経験者が語る、区分所有マンションのリノベーション業界について


この記事の想定する読者について
この記事は、区分所有マンションのリノベーション物件の購入を検討されている方の参考になればと考えています。

新卒で区分所有マンションのリノベーション会社に入社

私は新卒で区分所有マンションのリノベーションに特化した会社に入社しました。その経験を活かし、今の会社の事業も行っています。

区分所有マンションのリノベーション業界に属していると、不動産業界に属している人と、お客様である区分所有マンションの購入者で、情報の差がどうしても大きくなります。

よって、情報の差を少しでも解消する材料となる記事を今回は書きたいと思います。

今回は、区分所有マンションのリノベーション業界にどんなプレイヤー(会社)があるか記事にします。

区分所有マンションのリノベーション業界は2種類に分かれる

大きく分けると「一緒にリノベーション系」と「買取再販系」に分かれます。

一緒にリノベーション系

区分所有マンションの購入のタイミングで顧客の希望に合わせて自由に設計するオーダーメード的なリノベーション会社をここでは指します。

買取再販系

中古マンションを自社で購入後、リフォームしてから再販売するリノベーション会社をここでは指します。

私が新卒で入社した会社は、この買取再販系の会社でした。

「一緒にリノベーション系」と「買取再販系」のメリットとデメリット

両方には一長一短があると考えます。

「一緒にリノベーション系」は、顧客の要求をフルに反映できる反面、手間がかかり、コストが高くなります。カフェぽい内装の如何にもリノベーションという内装のマンションは、こちらの場合が多いです。

「買取再販系」は、既存の流通網に乗せやすく、市場も大きいが、企業側の都合(コストや売りやすさなど)でリノベーションしてしまうことで顧客のニーズがなかなか反映できません。

こちらはイメージでいうと販売時に流行っている大手デベロッパーがつくっている新築マンションの内装を真似してリノベーションします。

よって、当たり障りのないリノベーション内容になることが多いです。しかし、これが良く売れます。

私の考える「買取再販系」の問題点

「買取再販系」の問題点は、お客様である購入者にリノベーション後の区分所有マンションの売値の費用内訳が見えないところがあります。

当たり前ですが、その売値の中には、リノベーション会社の利益も多く含まれているので、高値を掴まされることも少なくありません。

不動産は、リセールバリュー(再販時の価値)が大事だと考えますので、出来るだけ良い物件を出来るだけ安い値段で購入することが大事だと考えます。

区分所有マンションのリノベーション業界には、「一緒にリノベーション系」と「買取再販系」があるという前提で、区分所有マンションの購入を検討頂ければと思います。

株式会社ベンチャースパイス 代表取締役 灰谷和宏(ハイタニカズヒロ)です。
主にスタートアップ企業のブランドを構築するお手伝いをしています。

プロフィールはこちらです。