建築事務所だけじゃない?建築学生だった私が考えた進路


この記事の想定する読者について
私は日本大学芸術学部デザイン学科建築デザインコースを卒業しました。いわゆる建築学生でした。
今回の記事は、就職活動で悩んでいる建築学生の参考になればと考えています。

建築学生だった私が考えた進路

就職活動の際、今後の進路や人生についてとても悩みました。

建築の設計事務所に就職し、一級建築士の資格を取り、建築家になりたいと考えていたので、建築事務所に進むのが建築学生では一般的です。

しかし、私が一社目入社したのは、区分所有マンションを買取り、リノベーションして再販を行う不動産ベンチャーでした。しかも営業職です。

これには、理由がありました。
私の最優先事項には、「お金を稼ぎたい」があったためです。

建築事務所では全くお金は稼げません。給与は修行という名目のもとかなり低く設定されています。

建築事務所でインターンもいくつか経験しましたが、インターンで参加した建築事務所は全くお金を稼げる匂いはしませんでした。よって、建築事務所に就職するという発想は早々になくなりました。

建築事務所への就職という発想がなくなった時、就職先の候補を考える必要が出ました。そして簡単に閃くものでもないので、就職先の候補を考えるために多くの読書をしました。

読書の結果、必要条件と私は2つの候補が閃きました。

就職先は「お金が稼げる」という最優先事項と、建築学生であるというアドバンテージが活かせる業界である必要があると考えました。

  • 広告代理店
  • 不動産

広告代理店は給与は高いが、その中身は多くの残業代であることが分かったので、時給換算のコストパフォーマンスが悪いと考えやめました。

そして、不動産業界の中でも、インセンティブ制度のある一社目の会社を選択しました。

面接は私の想定通り需要と供給がマッチしてスムーズに進みましたし、実際に就業後も建築の知識や図面・資料作成のスキルを活用して大きく活躍することが出来ました。そして満足いく給与を手にすることが出来ました。

建築事務所以外の進路だって選択可能

もし今このブログを読んでいる方が就職に悩んでいるなら、建築を学んだから建築事務所に就職しなければならないという発想に縛られているのは勿体ないと思います。
自分の知識やスキルを整理して、どの業界であれば自身が他に人と競合することなく活躍可能か考えてみるのも良いと思います。

またもし「お金を稼ぎたい」という発想が強いのであれば、IT業界か金融業界の進路を私はオススメします。
IT業界か金融業界は、今後まだまだ伸びていきますし、建築的発想はこの2つの業界で非常に役立ちます。よってお金を稼ぐことが可能だと思います。

株式会社ベンチャースパイス 代表取締役 灰谷和宏(ハイタニカズヒロ)です。
主にスタートアップ企業のブランドを構築するお手伝いをしています。

プロフィールはこちらです。