法人名変更と住所変更について


この記事の想定する読者について
この記事は、法人名の変更を検討されている方の参考になればと考えています。

業務内容の拡大に伴う、拡大法人名の変更

最近、弊社では業務内容の拡大に合わせて、法人名と住所の変更を行いました。

法人名と住所の変更の際の、登記内容の変更と申請処理は行政書士の先生に行って頂きましたが、その時の注意点を備忘録として書きたいと思います。

法人名の変更について

法人名を変更すると様々な箇所に報告と登録内容の変更が必要になります。

弊社の場合は、事業規模がまだ大きくなかったため、下記への報告と登録内容の変更が必要でした。

  • 弊社のホームページ
  • 銀行
  • 取引先

事業規模が大きくなってくると、取引先への報告がとても大変そうだと感じましたね。

弊社はみずほ銀行を利用させて頂いていますが、インターネットでの登録内容は出来ず、銀行口座を開設した支店での登録変更が必要になります。
銀行に持参するものは下記になります。

  • 履歴事項全部証明書
  • 銀行届出印(旧)
  • 銀行届出印(新)

古い銀行届出印は、必要ないかと思っていましたが変更手続きに必要でした。

住所の変更について

住所の変更も、法人名の変更と内容は同じですね。

法人名の変更は意外と手続きが多い

法人名や住所の変更は意外と必要な手続きが多かったです。

法人名を変更することはそう多くはないかと思いますが、参照にして頂けると幸いです。

株式会社ベンチャースパイス 代表取締役 灰谷和宏(ハイタニカズヒロ)です。
主にスタートアップ企業のブランドを構築するお手伝いをしています。

プロフィールはこちらです。